「死にゆく人々への心の援助」と「キューブラー‐ロスの5段階説」 ターミナルケア [介護の豆知識]

キューブラー‐ロスの5段階説  キューブラー‐ロスは、『死ぬ瞬間ー死にゆく人々との対話』で死にゆく人の心理段階を研究し、5つの過程をたどると発表しました。これは、あくまでも一つの基本的な原則を示したものですが、今も参考になる点がありますので、紹介させていただきます。 第1段階「衝撃と否認」  私が病気であるはずはない、何かの間違いに違いない(否認)という内容のものです。実は…

続きを読む

老年期うつ病とは 心のケア  [介護の豆知識]

老年期の気分障害 気分障害には気分の高揚した躁病(そう状態)と抑うつ気分のうつ病(うつ状態)、そう状態と抑うつ状態の症状を合わせ持つ躁うつ病があります。  老年期には躁病を初発することは少ないです。  その一方で、初老期・老年期にはしばしばうつ病がみられます。 老年期うつ病とは  老年期の中でも特に初老期(50~64歳)に好発します。この時期のうつ病を「初老期うつ病」…

続きを読む

老年期の精神状態 「三大喪失体験」とは 心のケア  [介護の豆知識]

老年期の三大喪失体験とは  思春期や青年期にはその時期の特性が顕著ですが、老年期にそうした強い特性がないともいわれています。 それでも、ライフステージにおける高齢者には共通点があると考えられますので、それらを確認したいと思います。  老年期には「三大喪失体験」と呼ばれるものがあり、それは身体的な衰えに伴う健康面の喪失、定年退職などによる社会的な役割の喪失、および社会的な役割の喪…

続きを読む

寝たきり状態にある人のリハビリテーション 身体のケアとリハビリテーション [介護の豆知識]

寝たきり状態にある人のリハビリテーションのポイント  寝たきりとなっている人のうち、自力では困難だが、他動的に起こされれば座位保持が可能な人や、起き上がる能力はあるが意欲が低下している人を「作られた寝たきり」といいます。  これらの人も含めて長期臥床によって、さらに廃用症候群が進むこともあります。リハビリテーションでは、関節可動域や筋力の維持に努め、可能な限り座位生活の確保に…

続きを読む