『シロバナシナガワハギ』と『シナガワハギ』は草?!   JR滝川駅の周辺で![知って得する山野草の探索]

「シロバナシナガワハギ」は漢字で「白花品川萩」と書きます (シロバナシナガワハギの花) 帰化植物です  シロバナシナガワハギは中央アジア原産の帰化植物と説明されています。別名は「コゴメハギ(小米萩)」と言います。  「ハギ」と名が付きますが、木ではなくマメ科の草で葉は3枚の小葉からなっています。河原や平地の荒れ地に、6月中過ぎから8月の終わりにかけて白い花を咲かせています。 …

続きを読む

『ボロギク(サワギク)』は『ノボロギク』とは違う花でした? 北海道新十津川町で![知って得する山野草の探索]

『ノボロギク』はヨーロッパ原産の帰化植物です (ノボロギクの花) 「ボロギク(サワギク)」と「ノボロギク」の違いは?  どちらもキク科の花です。「ボロギク」は、山地の林に生える多年草です。「ボロギク」の正式名称は「サワギク」といいます。また、その名の由来は「この花の集まりがボロぎれのようだ」というものが有力です。草丈は50cm以上にもなり、6月〜8月に花弁をきちんと開いて咲…

続きを読む

かたくり日記 中学時代の恩師を尋ねて!

久々の岩見沢は、町並みがすっかり変わっていました  中学時代のクラスメートから電話があり、あれやこれやと話しているうちに中学三年生の時、担任だった先生のご自宅を尋ねることになりました。当日、岩見沢駅前で待ち合わせることになって滝川からJRで向かいました。  何年ぶりかで岩見沢駅を訪れましたが、駅はもちろんのこと駅前までもすっかり変わって新しくなっていました。駅前広場は市民の「憩いの場」も…

続きを読む

『エゾアジサイ』は山麓で咲く? 樺戸山地の麓で! [知って得する山野草の探索]

林の中で咲いていた「エゾアジサイ」! (エゾアジサイの花) 日当たりがよいと「るり色」の花になる?  エゾアジサイは山地の湿り気のあるところで育ちます。ササの切れ目などで少し日の当たるところでは、きれいな青紫色(るり色)の花が咲きます。装飾花に包まれた両性花が小さな花を咲かせます。幹は細く弾力があり、高さは1mくらいにしかならない落葉樹です。  山の中ではツルアジサイ…

続きを読む