雑木林で咲く「ミヤマガマズミ」の花! 北海道丸加高原[知って得する山野草の探索]

林道ぶちの日当たり良好地で咲いています (ミヤマガマズミの花) 枝先に咲く?ミヤマガマズミの花 「ガマズミ」「ミヤマガマズミ」は、ハコネウツギなどと同じスイカズラ科の落葉低木です。雑木林の中に多く、2〜3mくらいの樹高です。花は5〜6月に枝先に付くので、山道を歩いていると自然に目に入ってきます。秋に赤い実がなるのですが、これは食べられるそうです。 「ミヤマガマズミ」の葉は先が…

続きを読む

花びらが外側に丸まる?「ウリノキ」の花! 北海道浦臼町の山地で[知って得する山野草の探索]

一度見たら忘れられない『ウリノキ』の花⁉ (ウリノキの花の拡大 2019.6.16撮影) とても可愛らしい花です!  ウリノキはミズキ科(旧ウリノキ科)の木で、名前は葉の形が瓜の葉に似ているからと言われています。  3〜5mくらいになる落葉低木で、低山の薄暗い林の中で育ちます。この辺りでは、6月中旬過ぎから咲き始めます。開花した状態がユニークなので、一度覚えると忘れることがありま…

続きを読む

「ホウチャクソウ」はノビネチドリよりも先に咲く! 新十津川砂金沢入り口で[知って得する山野草の探索]

風鈴型の「ホウチャクソウ」の花⁉ (ホウチャクソウの花の拡大) 花びらを広げない花!  ホウチャクソウは、山地の林の少し奥ややぶの中で咲きます。ホウチャクソウの「ホウチャク(宝鐸)」とは、「五重塔の屋根の先にぶら下がっている風鈴のようなもの」(富成忠夫著「春の花」より)で、これが名の由来になっているそうです。  イヌサフラン科(旧ユリ科)の花で、草丈は50cmほど。1本の茎の枝先…

続きを読む

下の葉がダイコンの葉に酷似?『ダイコンソウ』の花! 北海道丸加高原山麓で[知って得する山野草の探索]

バラ科のダイコンソウ! (オオダイコンソウの花の拡大:2019.6.13撮影) ダイコンソウ(大根草)の種類は多いと言うけれど?  ダイコンソウは「根ぎわにある葉の形がダイコンの葉に似ているので、この名がついた」と言われています。ダイコンソウには「オオダイコンソウ」「カラフトダイコンソウ」のほかにも色々な種類があるそうです。  この花は、①山麓の日の当たる場所で②直径が2cmくら…

続きを読む