いつ見ても美しいオクラの花! 北海道自宅の畑で[誰でもできる無手勝流の家庭菜園]

オクラはハイビスカスの仲間です!


IMG_5190.JPG
(オクラの花の拡大 2019.9.10撮影)

 ハイビスカスの仲間と言えば、「ムクゲ」もそのひとつです。いずれもアオイ科で、花はよく似ています。

稲の穂は黄金色なのに⁉


 すっかり秋めいてきたというのに畑ではオクラの花が咲いていました。オクラはアフリカが原産地だそうです。花には気品があって、いつ見ても心が引き締まります。

 寒冷地のこの辺りでは、オクラは苗植えよりも種から植えた方が実成がよいと言われています。
 数年前のことです。熱帯の植物がどのように成長するのかを知りたくて、種蒔きの時期を4月上旬、5月上旬、6月上旬と三回に分けました。当然のことながら、気温が安定する6月に蒔いた種はスムーズに成長しました。二番目に順調だったのは4月上旬に種まきをしたものです。5月に種をまいたものは生育不順で、夏過ぎに花を咲かせたものの食べられる大きさの実にはなりませんでした。当地は、5月中に1~2回霜の降る日があるからかもしれません。

【オクラの全体の姿】
IMG_5188.JPG

ー水田の様子ー
IMG_5187.JPG

この記事へのコメント