毘砂別海岸の『エゾスカシユリ』の花⁉ 海辺の植物:北海道日本海[知って得する山野草の探索]

だいだい色が濃い花!

 
IMG_7310.JPG 
(エゾスカシユリ花の拡大 2020.6.14撮影)

 名前に「エゾ」と付いていますが、北海道だけではなく青森県北部にも咲いているそうです。
 これまで見た中で、私が一番感激したのは石狩浜のエゾスカシユリでした。「群生」していないのがかえってよく、広い海岸にまばらに咲いていて何とも言えぬ初夏の風情を感じました。

6月下旬になると目立つようになります


 花びらの間がすいているので「スカシユリ」と言う名で、その変種の一種が「エゾスカシユリ」だと説明されています。道内の海辺で上を向いて咲いているユリがあれば「エゾスカシユリ」に違いありません。

ーエゾスカシユリの特徴ー
①ユリ科の多年草
②高さ:20~90cm
③花期:6~8月
④花:上を向いて咲く
⑤生育地:海岸の砂浜・岩石地
(参考:「夏の花(山と渓谷社)」)

【エゾスカシユリの全体】
IMG_7308.JPG

【草わらの中ではひと際目立ちます】
IMG_7297.JPG

この記事へのコメント