海辺でひときわ目立つ『コウボウムギ』の花?[知って得する山野草の探索]

カヤツリグサ科の植物


IMG_7373.JPG
(コウボウムギの花穂 2020.6.14撮影)

 今の季節、カヤツリグサ科の植物で有名な花と言えば、湿原に咲く「ワタスゲ」でしょうか。
 一方、同じ仲間であり、海辺で目立っているのが「コウボウムギ」です。その風貌に魅せられてしまいます。

日本全国の海岸で見られるコウボウムギ!


<コウボウムギの説明>
①カヤツリグサ科の多年草
②漢字で「弘法麦」
③高さ:10〜20cm
④花期:4〜6月
⑤生育地:海岸の砂地
(参考:『北海道の花(北海道大学図書刊行会)』より)

【コウボウムギの全体】
IMG_7386.JPG

ーよく似ていますが、こちらは「コウボウシバ」だと思いますー
IMG_7394.JPG

この記事へのコメント