6月下旬から咲き出す帰化植物の花⁉『クスダマツメクサ』『シナガワハギ』 北海道滝川市周辺[知って得する山野草の探索]

クスダマツメクサ


IMG_7358.JPG
(クスダマツメクサの花の拡大 6.13撮影)

 当地では、「クスダマツメクサ」や「シナガワハギ」などが咲き出すと完全な夏の到来です。暑い日が続くようになり、この花を見ると私なりに熱中症・食中毒に気を付けるようにしています。

<クスダマツメクサの説明>
ヨーロッパ原産の帰化植物
②マメ科の1年草
③漢字で「薬玉詰草
④高さ:10cm前後
⑤花期:7〜8月
⑥花の色:黄色
⑦生育地:道端、原野
(以上は「北海道の花」から転記)

【クスダマツメクサの全体】
IMG_7355.JPG

同じくマメ科の帰化植物「シナガワハギ」


IMG_7407.JPG
(シナガワハギの花の拡大 6.20撮影)

<シナガワハギの説明>
東アジア原産の帰化植物
②マメ科の2年草
③漢字で「品川萩
④高さ:10cm前後
⑤花期:7〜8月
⑥花の色:黄色
⑦生育地:原野、道端、荒地
(以上は「北海道の花」から転記)

【シナガワハギの全体】
IMG_7410.JPG

 シナガワハギが咲き出す頃、荒地や川辺の日当たり良好地では「シロバナシナガワハギ」(「コゴメハギ」のこと)も咲いています。こちらは中央アジア原産の帰化植物と説明があります。
ーシロバナシナガワハギの花の拡大 6.27撮影ー
IMG_7441.JPG

ーシロバナシナガワハギの全体ー
IMG_7443.JPG

この記事へのコメント