留萌港のハゼ釣り 2時間で一匹だけ⁉[魚釣り⑫ 2020.7.4]

「ハゼの天ぷら」を夢見ながら?


IMG_7482.JPG
(留萌港南岸壁の上で)

 7月4日朝、「夕食にはハゼの天ぷらがいいね!」と妻に外出を促され、体よく家から出されてしまいました。ハゼと言えば留萌港だったと思い出し、昼過ぎに南岸壁に到着しました。そこでビックリしたのは、港の岸壁の全てを取り囲むように釣り人がいっぱいだったことです。こんなに人が多いのだから、きっと何かが釣れているはずだと思って、しばらく釣り人を眺めていました。

 すると地元の人が近づいて来て、「ハゼ釣りか?」「今日も朝から様子を見に来てるけど、なんにも釣れない日だ。魚の群れが港に入って来ないんだな。マメイカ、ハゼは釣れていない。夕方からのシャコに期待してるけど・・・」と今日の状況を話してくれました。

この日は、本当に魚の釣れない日でした!


 それでもせっかく来たので、南岸壁モニュメント側の誰もいない所で棹を出しました。2時間ほどねばっていると竿先が小さく揺れてハゼが釣れました。やっと一匹です。ここで数匹必要な「ハゼの天ぷら」が無理だと分かり、ハゼ釣りを断念しました。帰り道、雄冬、別苅、幌などに立ち寄ってみました。

 雄冬漁港の北防波堤には数人の釣り人がいました。
IMG_7518.JPG

 別苅海岸には誰もいませんでしたが、夕日はとてもきれいでした。
IMG_7520.JPG

この記事へのコメント