実りの秋④ 寒冷地の「サツマイモ掘り」⁉ 北海道滝川市[誰でもできる無手勝流の家庭菜園]

10月第1週目の土日が収穫日?


IMG_8364.JPG
(サツマイモの葉 2020.10.10撮影)

 寒冷地の北海道では年々暖かさが増し、サツマイモ畑は見慣れた風景になりました。周辺の農家や家庭菜園では、10月上旬に収穫しています。当地の寒さではサツマイモのイモは地中で越冬ができずに、11月に入るとイモが腐り始めます。

 自宅の畑に限ると、10月早々に新サツマイモから新芽が出ていたこともありました。当地の収穫期は9月下旬なのかもしれません。

日当たり良好地に苗を植えるだけ?


【苗作り】
 サツマイモの栽培は簡単です。
 例年2月上旬に太めのサツマイモを1本買ってきて、それを水に付けて置きます。しばらくすると芽が出てきます。このツルがサツマイモの苗として使用する部分で、5月下旬〜6月上旬にツルを切り取って露地に植えるだけです。
 サツマイモは生命力が旺盛なので、日当たりさえよければ確実にイモがなります。

【サツマイモのツル】
 定期的にツルを持ち上げる(「「ツル返し」」と呼びます)と土に接しているツルから出た根が切れるので、大きなイモが期待できるそうです。自宅の畑は狭いのでそのままにしています。
IMG_8372.JPG

【掘り出した芋】
 手順としては「芋ほりの前にツルを切り取る」のですが、数本の場合であれば不要です。
IMG_8375.JPG

【今日の収穫】
IMG_8379.JPG
(収穫日 2020.10.10)

【焼き芋用のサツマイモ】
 焼き芋(加熱)にすると甘さが一気に増し、手のひらサイズのサツマイモでも美味しくいただけます。これよりも小さなイモは、「大学イモ」や「サツマイモご飯」に使っています。
IMG_8161.JPG

この記事へのコメント