大和の丘で咲く「アワダチソウ」⁉ 北海道新十津川町[知って得する山野草の探索]

10月に入ると目立つ『アワダチソウ』の花!


IMG_8249.JPG
(セイタカアワダチソウの花の拡大 2020.10.3撮影)

 「セイタカアワダチソウ」と「オオアワダチソウ」が元気に咲いていました。枯れ始めた秋の草原や丘では黄色の花がひときわ目立ちます。

 2つの花の区分を知らない私は素人目で、遠くから見た時
①(7月中旬に咲き出し、)上部の茎が幾本かに分かれ、その先に花の房を付けるものは「オオアワダチソウ」
②(秋遅くまで咲いていて、)茎の上部は枝分かれせずに、ひと茎にひと房の花が咲いているように見えるものは「セイタカアワダチソウ」
と区分けをしています。

【オオアワダチソウの全体】
IMG_8246.JPG

IMG_8239.JPG

〈オオアワダチソウの説明〉(参考:「旭川の植物」北邦野草園編集)
①キク科の多年草
②漢字で「大粟立草」
③草丈:80〜120㎝
④花期:7〜9月
⑤生育地:道端、原野
⑥帰化植物:北アメリカ原産

この記事へのコメント