『イッサイヤブデマリ』の木の花 北海道立林業試験場の木々④/4 [知って得する山野草の探索]

(2018.9.21撮影) ヤブデマリの花・・・  林業試験場には北海道では自生していないものを含め色々な木があり、様々な花を咲かせています。イッサイヤブデマリが道内に自生しているかどうかは、職員の方に聞きそびれてしまい、実のところは分からないままです。  関東地方では「ヤブデマリ」は、谷や湿った林の中に育つ落葉低木です。本来は春から夏前に花を咲かせます。名前の由来は、…

続きを読む

『ツキヌキニンドウ』の木の花 北海道立林業試験場の木々③/4 [知って得する山野草の探索]

【ツキヌキニンドウの花】 ユニークな花!  ツキヌキニンドウは北アメリカ原産の落葉の樹木でつる性です。花については「細長い漏斗形で4~6cm、筒部は細長く片側が肥大、外側は黄赤色、内側は帯黄緑色、先は5裂」(北海道樹木図鑑より)と説明されています。 【ツキヌキニンドウの全体の姿】 (2018.9.21撮影)

続きを読む

『アケビ』の実 北海道立林業試験場の木々②/4 [知って得する山野草の探索]

「ミツバアケビ」って? (2018.9.21撮影) ミツバアケビの実!  「ゴヨウアケビ」や「ミツバアケビ」は北海道では道南の山に生えてるようですが、空知地方の山では見かけません。   私は若い頃、秋に東北の山登りの途中でアケビを見つけ、一緒に登った仲間と休憩をとって食べました。しかし、その味の記憶はは全くありませんので、おいしかったのかどうかは分かりません。  「ミツ…

続きを読む

『メタセコイア』の木 北海道立林業試験場の木々①/4 [知って得する山野草の探索]

「生きた化石」と呼ばれるメタセコイアの木! (2018.9.21撮影) メタセコイアの葉  メタセコイアは落葉高木で、30〜50mになる木です。5月頃に花を咲かせ、実は10月頃に熟します。葉は秋深くに茶色くなります。別名を「アケボノスギ」といいます。挿し木で簡単に増える木であり、また成長の早いことでも知られています。本州のスギと同じ仲間です。  この木を最も有名にしている…

続きを読む