『ヒシ』『ガマ』水辺の植物の今は? 美唄東部の沼で!②/2[知って得する山野草の探索]

「ヒシ餅」「ヒシ団子」に欠かせないヒシ(ヒシ科)の実!  「ヒシ」は1年草です。前年の地中の実から芽を出し、放射状に葉を拡げていきます。葉はひし形で、夏に白色の小さな花を咲かせます。茎の長さは水の深さによって異なります。  実は熟すと水面に浮かんできます。かつては、ヒシの実を使って「ヒシ餅」などを作っていました。また、この実は生のままで食べることができるので、私の子どもの頃はおや…

続きを読む

『スイレン』水辺の植物の今は?美唄東部の沼で!①/2[知って得する山野草の探索]

『スイレン』はスイレン科の花です (スイレンの花の拡大 2018.9.21撮影) スイレン科の仲間には?  「スイレン」は宿根草で7月〜8月に花を咲かせるのですが、美唄では今も咲いていました。別名は「ヒツジグサ」といいます。 スイレン科の主な仲間には・・・ ①ハス・・・宿根草。葉は中央がくぼんでお皿のような形。花は淡い赤色で7月〜8月に咲き、朝早く咲くのが特徴。 …

続きを読む