北海道大学植物園(④/4)温室の『スイレン』『コエビソウ』 [知って得する山野草の探索]

温室で熱帯植物の花が咲く!   北海道大学植物園は、冬季には温室だけが開園されます。室内では色々な熱帯植物の花が咲き、別空間をかもし出します。 コエビソウ (2018.11.3撮影) 今はラン科の花が咲いています(北海道大学植物園リーフレットから転写) 【リカステアロマティカ】 【ケラトスティリスレティスクアマ】 【デンドロキルム コッ…

続きを読む

北海道大学植物園(③/4)『コハマギク』『トクサ』 [知って得する山野草の探索]

(コハマギクの花の拡大 2018.11.3撮影) 初冬のキク科の花『小浜菊』!  「コハマギク」は、関東北部から北海道にかけて太平洋側に分布し、南限は茨木県と言われています。草丈は10~50cmで、海岸の岩の上や草原に生えます。葉は、ふちに切れ込みがあります。  花は北海道では9~10月に咲き、本州では12月頃まで咲いています。  「コハマギク」よりも花びらが細くて、花び…

続きを読む

北海道大学植物園(②/4)『ムラサキシキブ』『キャラボク』 [知って得する山野草の探索]

(ムラサキシキブの実の拡大 2018.11.3撮影) 秋の紫の果実が美しい!  「ムラサキシキブ」は1.5~3mくらいの落葉低木です。6~9月頃に花が咲きます。花の色は、実の色よりも少し薄い紫色です。実の大きさは直径3mmくらいです。  漢字では「紫式部」と書くので、覚えやすいです。 【ムラサキシキブの全体の姿】 ≪参考≫イチイ(オンコ)の仲間 ①「キ…

続きを読む

北海道大学植物園(①/4)『自然林』 [知って得する山野草の探索]

原始林をそのままに保存している『自然林』! (自然林の様子 2018.11.3撮影) 散策が楽しくなる植物園です  この植物園は街の中にあるので、時々札幌を訪れた際に立ち寄って歩いています。気持ちが疲れている時など、リフレッシュには最適です。また、歴史的な建物もあってあきることがありません。私のお気に入りの場所のひとつになっています。 【北海道大学植物園】 ・所在地:札幌市…

続きを読む