『⑭ランタナ』『⑮サンダカ』『⑯そのほかの花』どさん子が見た沖縄の植物!<2019.2.7~2.10>

やっと見つけた「ランタナ」! (ランタナの花の拡大) 興味の尽きない花「七変化」(ランタナの別名)⁉  花の色がいろいろと変わっていくんです。楽しくなる花ですね。 ーランタナの説明ー クマツヅラ科の常緑低木。南米原産。琉球王朝時代の末期に持ち込まれたものが野生化した。色々な色の花があり、また、時間の経過で花の色が変わることから「七変化」と呼ばれる。 (参考文献…

続きを読む

首里城の植物『⑪アカギ』『⑫ヤチブキ』『⑬ヤブラン』どさん子が見た沖縄の植物!<2019.2.7~2.10>

国の天然記念物『アカギ』!  推定樹齢200年〜300年とも伝えられているアカギの木があるとか。この木は首里城からのくだり道にありました。写真はアカギの木の真下から撮ったものです。現在、「首里金城の大アカギ」はパワースポットになっているそうです。 【アカギ】 北海道では「ヤチブキ」と呼んでいます  この花が那覇空港の花壇に咲いていて不思議に思いました。北海道では「ヤチブキ…

続きを読む

『⑨自然の中で咲くブーゲンビレア?』『⑩沖縄のヒルガオ』どさん子が見た沖縄の植物!<2019.2.7~2.10>

「ブーゲンビレア」は読谷村の村花です! (紫色のブーゲンビレア) 二色の花の色がありました 【ブーゲンビリアの花の拡大(赤色)】 【崖の下で咲いていたブーゲンビレア】あちらこちらから茎をのばし、小さな枝先に花を咲かせていました。 「ブーゲンビレア」の説明文より(転載) ①ブーゲンビレアは、オシロイバナ科ブーゲンビレア属ブーゲンビレアです。 ②和名で「イカダカズラ」と…

続きを読む

南国「ヤシの実」『⑦タコノキ』『⑧アダン?』どさん子が見た沖縄の植物! 沖縄本島を訪ねて(2019.2.7〜2.10)

ヤシの実は、強烈に「南国」の雰囲気を感じさせてくれますね! (アレカヤシの実) ータコノキの説明文から転載ー  開花は6月~10月。白色の雄花と黄緑色の雌花を付ける。花は香りが強く、ミツバチやアリなどを引き寄せる。  タコノキの特徴は独特の気根。海岸沿いで自生している場合も多い。葉は堅くて細長いトゲがある。実は完熟するとオレンジ色になる。 【タコの木の実】 …

続きを読む